クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

Amazonギフト券買取

Amazonギフト券を現金化する方法まとめ

更新日:

Amazonギフト券をクレジットカード現金化の方法として、非常に多くの業者が取り扱っています。

その理由は、実物商品の買取現金化よりも利益率が高く、転売時に生じる作業性の無駄や安心性、そして秘匿性が高い点にあります。

そもそも、如何に高額な商品をクレジットカードで購入したとしても、販売する際は新品であっても新古品または中古品扱いとなり、商品価値が下がります。

そのため、高換金率を謳う業者にとっては、価値の変動しやすい実物商品よりも現金と同等の価値のあるギフト券が安定した利益を確保出来ます。

Amazonギフト券が現金化可能な理由とは?

Amazonギフト券はクレジットカードで購入可能となっている他、実物のギフト券だけでなく、指定のメールアドレスに送付されるEメールタイプ、指定のアカウントにチャージされるチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプがあります。

実際にこれらの方法を利用したもので有名なのが、LINEアカウントでAmazonギフト券を購入して騙し取る詐欺です。
実際のところ、Amazonギフト券は基本的に金券であり、高額な商品をギフト券およびAmazonプライム価格で購入することにより、転売時の収益を高くすることが出来ます。

関連ニュース⇒Amazonギフト券プレゼントを装ったフィッシング詐欺に注意

例えば、Amazonプライム価格で商品が特価販売されており、安く取得したギフト券を利用すれば2重の利益が出ます。
また、買取価格の高い業者に転売することで流通価格と同等の利益を得ることが出来ます。
しかしながら、実際にはAmazonギフト券を安く購入し、インタネット通販で転売する方が薄利多売で安定収益を得ることが出来ます。
そのため、現金化業者にとっては、利益は少ないものの非常に安定した価格を維持できる商品となります。

現金化業者はAmazonギフト券の性質を理解している?

さて、現金化業者がAmazonギフト券を現金化対象にするのは、転売価格が安定しているるだけではありません。
基本的にギフト券の購入については、クレジットカードの決済が可能といった点が影響しています。
Amazonギフト券以外にも、JCBVISAのギフト券はクレジットカード決済が可能であり、現金化業者が利用するものとなります。

しかし、JCBやVISAのギフト券は店頭での利用しか出来ず、転売しようとしても取得時の金額よりも低くなる可能性があります。
さらに転売時には、売却者の身分証明が必要となるため、万が一の際は店頭販売した人間から現金化行為の実体が判明することとなります。
そもそも、クレジットカードの現金化行為についてはグレーゾーンであるため、現金化業者にとっては、足取りの付かない方法が重要となります。

一般的にクレジットカード現金化業者にとって、実物商品の受け取りをする際、予め送料負担を謳っていると利益が目減りしてしまいます。
また、高額商品を発送・受取する際は、破損する可能性があること、住所や受取者の確認があります。

また、ギフト券など現金に類似するものをメール便やダイレクトメールで送付指示した場合、郵便法違反で摘発される危険性があります。

しかし、Amazonギフト券の場合は電子メールや電子媒体、そして指定のアカウントにダイレクトでチャージできるため、無駄な経費を抑えることや利用者からのコンプライアンス違反の指摘回避といったメリットがあります。
また、現金化を利用者にとってもインターネットで簡単に購入できるため、無駄な作業無いといったメリットがあります。

Amazonギフト券の買取は古物営業法による許可が必要?

ギフト券や金券を売却する際、基本的には古物営業法により許可を受けた業者へ依頼する必要があります。
基本的にギフト券や金券も売却する際、『不正取得されたもの』すなわち盗品や騙しとった品でないことが条件となっています。

そのため、買取や販売を行う側にはこのような商品を買取する時点で不正に取得されたものが市場流通しないことを防ぐといった役割があります。
そのため、身分証明証の提出や連絡先などの記載をする必要があります。

Amazonギフト券についてはどうかというと、少し他のギフト券や金券に比べて複雑な面があります。
実際のところ、ギフト券などの現金化についてはクレジットカード現金化業者を通さなくても可能です。
クレジットカードでカードタイプのものを購入し、近くのリサイクルショップに転売することです。
これならば、自分自身で条件の良い買取専門店を選択出来る他、中間マージンが発生しないため、換金率が高くなります。

一方、インターネット上で高換金率を謳うクレジットカード現金化業者へ依頼する場合、
カードタイプや電子マネータイプになります。
換金率については、どちらも低くなる可能性が高く、最低値の88~90%になると考えた方がいいです。
そもそも、古物営業を行う側にとって、安く買取って新品の価格よりも低めに販売することとなります。
1,000円分のAmazonギフト券を900円で買い取りし、980円で販売すれば80円の利益です。

利益としては薄利ではあるものの、数多くの買取・販売を行うことで一定の収益は確保出来ます。
また、金券の場合は現金と同じ価値があるため、実物商品とことなり価格が一定といったメリットがあります。

さて、Amazonギフト券は複雑と話しましたが、その理由は電子マネーに相当することです。
この場合、実体のないものであり、現在の古物営業法が及ばない範囲となります。
簡単に言えば、Amazonギフト券は指定のメールアドレスに送付されるEメールタイプ、指定のアカウントにチャージされるチャージタイプ、PDFデータを印刷する印刷タイプがあり、立て替え購入や贈り物といったことになるます。
そのため、古物営業法が及ばない範囲になってしまいます。
これが、Amazonギフト券のお現金化のグレーゾーンです。

Amazonギフト券の現金化がグレーゾーンだけど…別の法律適用も!

Amazonギフト券の現金化は、電子媒体を利用しているため、古物営業法の適用が及ばない範囲になります。
しかし、個物営業法はあくまで実物商品を買取・販売する事業に必要な許可を与えるものです。

実は、様々な商品購入が可能なAmazonギフト券を利用した現金化ですが、実質的には貸金業に該当する可能性が高く、貸金業法の適用があり得ます。
この点については、古物営業許可を受けていた業者がクレジットカードの現金化により摘発されるケースが発生しています。
また、警視庁の見解としては、『事実上の貸金業者である』といった見解を示している他、弁護士の場合でも同様の見解が出ています。

今のところ、Amazonギフト券は非常にグレーゾーンとなっているものの、別の法律が適用される可能性があります。
それは、詐欺罪や横領罪です。
つまり、クレジットカードのショッピング枠を利用して、Amazonギフト券を購入して転売して現金を搾取するといったこととなります。
また、場合によっては転売時に生じる差額により、実質的にはクレジットカード会社へ損害を与えることとなります。
つまり。
10,000円分の価値のものを9,000円で販売した時点で1,000円の損害です。
このような行為により、資産を不当に残った行為として損害賠償請求を受ける可能性もあります。

そもそも、自分自身の判断でリサイクルショップに販売した場合どうなるかと言うと、先ず当事者は詐欺罪や横領罪で検挙され、リサイクルショップについては古物営業法違反となり、家宅捜査や営業停止といったこととなります。
これは不正取得品に対する市場流通を行ったこととなり、当然の罰則となります。

次に現金化業者ですが、こちらも同様に窃盗罪や横領罪が適用されるだけでなく、主犯格となる場合があります。
例えば、Amazonギフト券を購入し、転売した側は実行犯となり、現金化業者は主犯となりまます。

最後に

Amazonギフト券の性質を利用したクレジットカード現金化業者については、注意が必要です。
今現在では、古物営業法が及ばない範囲で営業を行っているものの、実質的には犯罪行為に加担していることや自分自身が犯罪行為を行っているという認識が必要です。

Amazonギフト券は確かに便利です。
様々な商品をインターネットで購入出来るため、誕生日プレゼントやお祝いの品で利用するのには最適です。
このようなギフト券を現金化する行為は、多くの利用者に迷惑をかける可能性があります。
そもそも、現金化を検討する時点で、既に債務超過に陥っている可能性が高いため、債務整理をオススメします。
ただし、自己破産などの場合、免責不可事由に該当する行為となるため、手を出さないのが得策です。

amazonギフト券の現金化について

amazonギフト券を現金化する事ができる業者が増加傾向にあります。

アマゾンギフト券
チケット買取業者ではなく、クレジットカード現金化の業者がamazonギフト券での現金化をしています。

amazonギフト券はプリペイドカードタイプだけではなく、Eメールタイプ・印刷タイプ・シートタイプという種類がありますから、商品の受け渡しをしなくても、番号を伝えれば現金化できるという感じになります。

買取もスムーズに行う事ができますし、換金率がいいという点でも人気があるのですが、amazonギフト券の現金化には様々な疑問がありますので、きちんと調べたうえで利用するか否かを判断する必要があります。

amazonギフト券を現金化するのは違法?

最近は、amazonギフト券を売買して現金化という方法で、資金調達をする方が増えていますが、これは違法ではないのか・・という疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

amazonギフト券_黒
なぜなら、クレジットカードの現金化をするという方法だからです。
クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社規約に違反するとカードの利用が停止されてしまうというリスクを抱える事になりますから、グレーゾーンとされています。

クレジットカードでamazonギフト券を購入し、そのamazonギフト券を買い取ってくれる業者に売って現金を振り込んでもらう・・

こういう流れが一般的ですが、換金を目的としたクレジットカードの使用と判断されなければ問題になる事はありません。
利用規約を守ってさえいれば、カード利用停止措置は回避する事が出来ます。

このamazonギフト券を実際に使っているかどうかということをカード会社は把握することはできませんので、現金化しやすい商品として注目されているのです。

クレジットカードを使用してamazonギフト券を購入し、現金化をしても違法ではありませんが、クレジットカードの利用方法については注意する必要があるということはしっかりと把握しておく必要があります。

amazonギフト券の現金化をするときは詐欺に注意

クレジットカード現金化の業者が、amazonギフト券を現金化を可能としていますが、買取業者になりすました詐欺業者も存在しているようなので、amazonギフト券の現金化をする場合は慎重に業者選びをする事が重要となります。

amazonギフト券_白
よくある詐欺の手口としては、クレジットカードの情報を聞き出すというものになります。
amazonギフト券の現金化は、クレジットカードでamazonギフト券を購入して買い取ってもらうという流れですから、業者がクレジットカードの情報を聞く必要はありませんので、カード情報を聞かれたら詐欺だと疑っていいでしょう。

こういった手口で詐欺を行なう業者はとても悪質です。
特徴としては、ホームページに所在地や会社の電話番号が記載されていないことが多いので注意が必要です。

電話番号が携帯電話の番号の場合はまともな業者ではないと判断し、気をつけましょう。
そして、古物商の登録番号がない業者の場合も詐欺に遭う可能性がありますので気をつけて下さい。

amazonギフト券を現金化する業者をお探しの場合は、業者のホームページをしっかりとチェックし、信頼性のある業者であるか慎重に選んで下さい。

Amazonギフト券関連リンク

-Amazonギフト券買取

Copyright© クレジットカード現金化サイト口コミ比較ランキング【2017年】|カードでお金ちゃん , 2017 All Rights Reserved.