クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

【最新版】自分で現金化!業者を使わないでクレジットカード現金化をする方法について

更新日:

すぐお金が欲しい、そんな時に便利なクレジットカード現金化は多くの人が業者に頼りがちですが、自分だけで行うことも可能です。

ここではクレジットカード現金化を業者を利用せずに自分自身で行う方法と、自分でやる場合のリスクについて解説します。

クレジットカード現金化を自分でする方法5つ

換金率の高い商品を買って転売する

家電製品や新作ゲーム、ブランド商品など、中古品としても価値があるものをクレジットカードを使って購入、その後、リサイクルショップやオークションなどで転売することで現金に換える方法です。
取り引きをする商品の情報を下調べすることでより高い換金率を狙うことができて、プレミアがついているものを上手く仕入れることができれば、購入金額よりも多くの現金を手にできる場合もあります。

商品を返品して100%現金化

頻繁に利用することはできない手ですが、あまり知られていないものの確実に100%現金化が可能な方法が、購入した商品を買取に出すのではなく、買ったお店に返品するというものです。
商品を買った後に再びその商品を持って店舗に足を運ばなければならないこと、通販であれば送り返さなければならない手間もあって、何よりも即日現金化ができないのが少々不便ですが、クレジットカードで支払った代金を100%現金で返してもらえます。

金券を購入してショップに売る

お金の代わりに支払いに利用できる金券やギフト券、新幹線の回数券なども需要が非常に高いことから、個人で行う現金化に利用されやすくなっています。そのメリットが換金率の安定性です。商品価値が下がりにくいこともあって、金券ショップによってある程度違いはありますが、持ち込めば95%から98%という高い換金率で取り引きされます。

業者を利用した現金化は80%程度ですので、より効率よく現金を手にできる方法です。

プリペイド式電子マネーを換金する

交通系や商業系、昨今さまざまな電子マネーが販売されていますが、チャージ式のプリペイド型であれば、クレジットカードを使って現金を振り込んでからカードを売りに出すことによって、その金額に応じた現金化を行うことが可能です。

こうした電子マネーにはチャージ額に上限が設けられていることからあまり高額の現金化には適していませんが、数万円程度の少額で問題なければ非常に手軽です。

仮想通貨をクレジットカードで購入する

仮想通貨の便利なところは、自由に購入できていつでも現金に戻せるという点にあります。取引所に登録する際にクレジットカード決済に対応しているところを選べばどこでも問題ありません。

カードで買ったコインは送金までに1週間程度時間がかかり、手数料も取られますが、価値が上がったタイミングで再びコインを売りに出して取り引きが成立すれば、大きな利益を生むことができます。そのコインを取引所でさらに現金に換えれば現金化は完了です。

全ての手続きを自分で行うのが大変ですが、上手く行えば儲けも大きくなるのが魅力的な方法になります。

このように、クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金にする作業ですから、クレジットカードで商品を購入し、その商品を売却できれば業者なしでも行うことは可能ではあります。

自分で現金化すると還元率は高いが、カード会社にバレるリスクがある

自分でクレジットカードを現金化するのは、業者より多くの現金を手にできる可能性がありますし、悪質な業者による詐欺などを防ぐことができるので、そこ点。メリットではあります。

しかし、業者を利用せずに現金化のために同じ商品を買い続けているとクレジットカード会社から怪しまれてしまう可能性が高くなります。

クレジットカード現金化は法律的にはグレーゾーンな行為なので、クレジットカード会社にばれるとカードの停止や借入金の即時返済を求められるリスクが出てきます。

第三者によるクレジットカードの不正利用を疑われて、そこからばれる場合もあります。

先ほど挙げた例で考えると、同じ種類のゲーム機を短期間に複数個買い続けるという行為が怪しく見えるのは明らかです。ギフトカードなどの金券類ならまとめて買っても大丈夫ではないか、と思うかもしれませんが、それらの商品は通常のショッピング枠とは別に枠が設けられていることが多く、現金化できる金額に制限が付いてしまいます。

少額・低頻度であれば問題ないと思いますが、たくさんのお金が必要だという場合には業者にまとめて現金化してもらった方が良いでしょう。

自分で現金化する方法で一番安全なのはネットオークションを使って現金化する方法

クレジットカード現金化業者を使わずに、クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、自分で換金率の高い商品を選んで売らなくてはいけません。

この時一番換金率が高いのが新幹線の回数券ですが、こればかり買っていると、カード会社に気付かれてカードを止められる可能性があります。ではどうするべきか、答えは簡単です。

ネットオークションで売れそうな商品を、かたっぱしから仕入れればいいのです。ネットオークションで売れそうな商品はたくさんありますが、新品購入価格とオークション落札価格の差があまりない商品といえば、ゲーム機、(人気がある上に発売して間もない)ゲームソフトがその代表です。

これらのものは需要が多い上に簡単に買うことが出来、かつ大量に買ってもそんなにカード会社に怪しまれないため、業者に頼らず自力で現金化が容易です。(もちろんPS4を3台同時に買ったりしたら怪しまれますので、その辺は気をつける必要があります。)

ネットオークションに商品を出すと出品手数料が取られるのでそこに気をつける必要がありますが、逆に言えばそこさえ気をつければ、ゲームの現金化でいくらでもカードのショッピング枠を現金化する事が出来ます。

それで足りなければレア物のフィギュアを購入して売る方法もあります。レア物フィギュアを現金化する場合、種類によってはプレミア化する場合があり、その場合は現金化どころか利益を得ることが出来ます。現金化の手堅さと言う点ではゲーム機やゲームソフトに劣りますが、あわよくば現金化で儲けたいというなら、フィギュアに手も出すのもありでしょう。

これらの結論をまとめると、クレジットカード現金化業者を使わずにカード現金化をしたいなら、ゲームやフィギュアをネットショップなどで買って、ネットオークションで売るといいです。その方法なら手堅く現金化する事ができるでしょう。

高級ブランド品や高い商品を購入して現金化する流れ

百貨店で高額なブランド物のバッグを、残りのクレジットカード利用枠を最大限に使って60万円で購入するとします。

そして、購入したばかりのブランド物のバッグを質屋に持ち込んで、ブランド物のバッグを担保にして、質屋からお金を借りるのです。これが、自分自身でクレジットカードを利用して現金を用意する方法です。

質屋の場合は、持ちこんだ商品の鑑定金額が60万円ならば、額面の60万円をそのまま貸してくれます。そのかわり、金利は消費者金融よりも高いケースがあります。質屋にもよりますが、60万円の商品を質入れする場合は1ヶ月間の金利が2%となるケースもありますので、1年間60万円を借りたままですと1年間の金利は24%ということになります。

簡単にいえば、クレジットカード現金化とは、クレジットカードでできるだけ高額な商品を購入し、それを質屋に持ち込んで、商品を担保にしてお金を借り入れる行為のことです。もちろん合法的な現金創出方法です。

仮に、質屋から借りたお金を返済できなくなったら、その旨を質屋に説明すれば、質屋は担保として預かっている高額な商品に対して質権を行使して、所有権を自分のものとするだけです。

質屋さんは、その高額な商品を売却するなどして、現金化をしますので、まったく問題は発生しないのです。

クレジットカード現金化を自分でする場合は危険も伴うため要注意

クレジットカードを持っていて、さらにショッピング枠に使えるお金が残っていれば、業者を利用しなくても個人でさまざまな方法を用いて現金に換えることが可能です。

お金に困っていればぜひ利用したいところでしょう。しかし、いくら便利でもクレジットカードの現金化はカード会社が提示している利用規約違反になります。

グレーゾーンであることから取り締まる法律はなく捕まることはないものの、発覚すれば即カードの利用停止、一括支払い、強制退会のリスクは避けられません。

換金率の高い商品や金券ばかり購入している、頻繁に返品手続きを行っている、カード利用に怪しい動きがあればすぐに警戒されてしまいます。決済が終わる前に買取方式で現金化すれば、横領罪に該当する可能性もあるでしょう。

常に危険と隣り合わせ、簡単にできるからといって現金化に手を出すのは得策ではありません。くれぐれも慎重になって判断をしてください。

 

-クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

Copyright© クレジットカード現金化口コミ比較ランキング【2018年】|カードでお金ちゃん , 2018 All Rights Reserved.