クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

初心者必見!クレジットカード現金化でお金を手にする黄金法則を公開

投稿日:

クレジットカード現金化という方法を皆さんはご存知でしょうか。クレジットカード現金化と聞くと、『古い金融漫画で新幹線チケットを買って金券ショップで買い取って貰ってたな。』とか、『そういえば近所の駐車場にクレジットカードで現金といった看板が掲げられていたな』と思い浮かべた方、それが正にクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠で購入した商品を売却、もしくは専門業者から購入して買取・キャッシュバックの方法で現金を手にする手法です。購入する商品を自分で購入して自分で売却するか、それとも専門業者を利用して専門業者から購入するかで、

・自力でクレジットカード現金化
・クレジットカード現金化業者に依頼してクレジットカード現金化

の2つに分ける事ができます。

この2つのメリット・デメリットはどの様になっているのかというと、どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットが存在しています。これら2つの特徴を簡単にまとめると

目次

自力でクレジットカード現金化

購入から売却まで全て自分でやるため、工程は非常にクリアでわかりやすく、上手く需要がある商品のニーズを掴めばクレジットカード現金化業者よりもいい換金率で換金できる事がある。反面、手間がかかるうえにクレジットカード会社に規約違反行為として把握されやすい。さらに商品のニーズを間違えるととんでもない換金率になったり、最悪換金できないといった危険性がある。

業者に依頼してクレジットカード現金化

家にいながら換金できるなど手間が全くかからなく、深夜&祝日でもネット銀行口座経由で振込をしてくれる。業者はそれぞれで対策をしている為、クレジットカード現金化を行ったとカード会社に把握される危険性は極めて薄い。反面業者選びを間違えると悪質な業者に引っかかったり、非常に悪い換金率になったりする。自力で行う様に、最初から最後までクリアでなく、安心感が無い。

といった特徴があります。

時間的余裕があり商品のニーズを汲み取り、かつクレジットカードカード会社の目を掻い潜る自信がある面倒の多い事が嫌いで無いという人は自力でクレジットカード現金化、兎に角早く、手軽かつ安全にクレジットカード現金化をしたいという人は業者に依頼してクレジットカード現金化を選択するといいでしょう。

それぞれの状況に合わせ、よりベターな選択をしてください。

安全な現金化は自力と業者どっち?

100%安全なクレジットカード現金化というものは実は存在しません。というのもクレジットカード現金化は法律上は特に問題となる条文と判例は見当たらないのですが、クレジットカード会社の規約において現金化目的でのカード使用のの禁止と、割賦販売&一括購入問わず支払が終わるまで商品の権利はクレジット会社に属するという旨に同意していますので、法律違反では無ありませんがクレジットカード会社の規約にはどうしても違反してしまうからです。
クレジットカード会社の規約に違反したからといって逮捕され実刑を受ける様な事はありませんが、クレジットカードの使用停止に陥るなどの懲罰を受ける事があります。

しかし、同時にクレジットカード現金化は審査なしでも現金を手にできる非常に魅力的なメソッドです。

クレジットカード現金化を考えているなら規約違反という事は何処か心に留めつつ、クレジットカード会社に何か把握され聴取を受けた時はその事を知らなかったとシラを突き通す用意と心構えを持ってから行う様にして下さい。

そんなクレジットカード現金化の手法は自力で行う事と業者に頼む事の2つの方法に大別可能です。。

それぞれの利点と欠点について解より細かく検証していきましょう。

自力でのクレジットカード現金化

自力でのクレジットカード現金化は裏技の様な感じがして楽しい気持ちがある反面、商品を購入してから売却する手間がかかるといった煩わしさが発生します。更にクレジットカード会社に現金化目的で行ったとバレやすいといった危険性をはらんでいます。

自力でのクレジットカード現金化の利点

・高換金で現金を手にできる可能性がある
自力でのクレジットカード現金化の利点は何と言っても商品によっては高い換金率を得る事が可能な所です。高換金で売却できる商品を購入して売却すれば、9割台の換金率が出るケースがあります。

自力でのクレジットカード現金化の欠点

・商品選択が難しい
昔の高換金可能な商品の代名詞に新幹線の回数券チケット(加えてデパート商品券)がありましたが、現在は対策が入りクレジットカードを使用しての購入は出来ません。
・クレジットカード会社にバレてカード停止の可能性がある
現代のクレジットカード会社はシステム構成が進化していますので、妙だなと思われる決済はリアルタイムで直ぐに把握されてしまいます。例えばランドセルを複数個購入したら、クレジットカード会社のシステムに上がり、電話が掛かってくるなとしてマークされます。自力の現金化はカード停止のリスクを把握しなければいけません。
・手間と時間がかかる
クレジットカード会社の目を掻い潜り、かつ商品の相場の受給を読まなければいけません。商品の値段を調べるため金券ショップや中古ショップで買い取ってもらえる値段を調べる行脚を行う手間がかかります。まともな価格で売却するには半日以上時間がかかりますので、急いでいる人には向きません。
・商品選択の技術がいる
上述した様にクレジットカードで新幹線チケットや商品券を大量購入する事は出来ません。かつキチンとした商品でも同じ商品を複数個購入すると、クレジットカード会社のシステムに引っかかります。かといって、引っかからなそうな商品を購入しても、買い取ってくれるショップがなかったり、二束三文でしか買い取ってくれなかったりします。商品選択には思っているよりも技術が必要になるのです。

業者を使ってのクレジットカード現金化

業者でクレジットカード現金化を行う場合、手間がかからず即金が手にできる利便性と、商品選択ミスが無い安定性、クレジットカード会社にバレるリスクが低い安全性の三つを得る事が出来ます。

業者を使ってのクレジットカード現金化の利点

・手間がかからない
業者の魅力はネット環境さえ繋がっていれば利用できる点です。スマホで申込、スマホで決済や本人確認を行い振込んでくれますので家に居ながら現金を手に出来ます。。
・即金を手にできる
業者を利用した場合はキャッシングと違い審査がありませんので、平均で申込から30分以内で現金を手にする事が出来ますので急いでいる人向けです。
・24時間年中無休で現金を手にできる
ネット銀行の口座を開いていれば送金サービスは24時間対応をしていますので、仮に深夜であっても申込、現金振込を受ける事が可能です。勿論、パチンコ屋でパチンコを打ちながら、片手間で操作しても現金を手にできます。

・常連になれば換金率がサービスされる
業者の場合、初回は一見さんと思われ換金率が低いですがリピーターになる事により換金率が良化します。相見積もりや数回同じ業者にお願いし続けると、換金率で自力での行うのと同じくらいになりますので、自力で行う優位性は無くなります。。
・業者選択ミスはあっても商品選択ミスは無い
業者を使った場合、自力で行う様な商品選択ミスは発生しません。常に換金率が一定数以上で、安定性が高くなります。
・カード会社にバレてカード利用停止のリスクが低い
キチンとした営業実態のある現金化業者は、決済代行会社を通しての決済や、ネットショップも同時に開業して煙幕を張っています。ネットショップでは普通の商品の決済も行われ、更に決済代行会社は大量の商品の決済を日々行っておりその中の一部に現金化の決済が混ぜられている為、カード会社にバレるリスクが極めて低いのです。

業者を使ってのクレジットカード現金化の欠点

・換金率が低い事がある
業者は玉石混交状態ですのでこれといった換金率の相場はありません。業者選びを間違えると、低い換金率になってしまいます。

・悪質な業者が存在する
近年は闇金業界への規制から、クレジットカード現金化を語った闇金営業をしている悪質業者もいるため、その様な業者に間違えて申込を行うと不具合が生じる場合があります。

業者経由でクレジットカード現金化を行うときは、業者選びには細心の注意を行う様にして下さい。

クレジットカードの現金化、ショッピング枠を使って現金っていうけどどういう事?

クレジットカード現金化やショッピング枠を有効活用、ショッピング枠を利用して現金といった言葉は普段、クレジットカード現金化に興味が無い人でも一度は見た事、聞いた事あるんじゃ無いでしょうか。

見た事も聞いた事も無いよと言う方、よく思い出してみてください。地方の駐車場の金網によく『ガードで現金』といったちょっと怪しい看板があったじゃ無いですか。これがクレジットカード現金化という事です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードについているショッピング枠を使って何らかの商品を一括無いし分割で購入してから、その商品を売却して現金を得るといった一連の行動を言います。

クレジットカードにはキャッシング枠が付いていなかったっけと言う方、キャッシング枠とショッピング枠は別物です。もし仮に貴方がキャッシング業者から年収の3分の1の借金をしているなら、クレジットカードに付いているキャッシング枠は消滅しています(タイムラグで消滅してい無い事もありますが、定期検査でカード会社は把握しますのでその場合、一括返済を求められます)ので使う事は出来ません。

そんな総量規制にバリバリ引っかかっている状態でも、ショッピング枠は法律が違う為消滅しませんのでクレジットカード現金化は利用できるという魔法の方法なのです。

クレジットカード現金化の方法は様々ありますが、基本はクレジットカードで購入できて高く売れるもの、かつクレジットカード会社がマークしていない商品を狙う事です。

そんな商品を探す時間が無い、不安、失敗するのが怖いという方は迷わずクレジットカード現金化業者にお願いするといいでしょう。

手間を惜しまず、自分で行いたいという方は自分でやってみても良いですが、自分で行うクレジットカード現金化はカード会社のシステム向上により把握されやすくなっています。

もし仮に自力で行ってクレジットカード会社にばれた場合、クレジットカードの停止、更に信用情報機関に注意情報が登録される可能性がありますので、自力での行う場合はリスクをよく認識しまてから行う様にして下さい。

何でクレジットカード現金化はちょっとグレーで問題になるとされているのか

クレジットカード現金化は手軽で即座に現金を手にできる魔法の方法ですが、ショッピング枠には消費者金融の様なキチッとした規制は設けられていません。

つまりクレジットカード会社が許せば50万円でも100万円でも200万円でも枠を与える事ができてしまうんですね。

各クレジット会社が枠を過度に与える事により、返せないほどのショッピング枠を使って買い物をしてしまい過剰債務を抱えてしまう可能性のあるクレジットカード現金化はグレーで問題視される傾向にある訳です。

しかし、私はこの対応については疑問を感じます。クレジットカードを使える人間は成人した大人なのですから、キチンと計算ができる人は個人の自由に任せ、社会や政府は口を出す必要は無いと思います。

事実、消費者金融の規制が入る事により、充分に返済能力がある人も借入を行う事が出来ずに不便な思いをしています。

専業主婦や年金生活者、賃貸収入で生活している人達が現金を手に出来ないのはどう考えても可笑しいでしょう。また転職活動をしていて、次の働き口が決まっているのにその間のつなぎで融資を受けたい人も総量規制で年収がゼロとみなされ、借入が出来ないのはどう考えても平仄が合いません

人により、状況により各々の返済能力は全く違うのに、総量規制という規制で一律に貸金業を規制した為に弾き出された人達を救済する役目を担っているのが現代のクレジットカード現金化なのです。

重ねて言いますが、クレジットカード現金化はカード会社の規約違反にはあたるものの、法律違反にあたることはまずありません。

返済能力があり、自分で返済計画を立てれる人はクレジットカード現金化を過度に問題視せず、堂々と利用してみると良いでしょう。

業者を利用して換金してみよう

クレジットカード現金化業者を使うとどうなるかを解説していきます。

クレジットカード現金化業者には買取方式とキャッシュバック方式の2パターンのどちらかを採用していますが、経済効果は大体同じです。

業者のホームページに換金率という表記がありますが、クレジットカード現金化業者を利用する場合は換金率プラス手数料がかかります。

例えば換金率95%のクレジットカード現金化業者に10万円を申し込んだ場合、本人確認の後に業者が指定するネットショップで10万円の商品を購入する事になります。

換金率だけですと9.5万円ですが、ここから手数料が差し引かれてしまいますので、70%?85%位が最終的に受け取れる金額になります。

ちょっと業者がボリすぎじゃ無いかとも思われるかもしれませんが、業者は決済代行会社やカード会社への支払い手数料、ネットショップの手数料、消費税、アフェリエイトの広告費、人件費、フリーダイヤルの電話代金etcと多くのコストがかかりますので、どうしてもこの位の換金率+手数料に落ち着いてしまいます。

逆にこのレンジより遥かに良い条件を提示してくる業者には気をつけてください。詐欺業者である危険性が高まります。クレジットカード会社へ支払う手数料だけでも5%かかるのに、コミコミ95%でやってますというなら、その時点で赤字になってしまいます。

70%?85%は初めて利用する人は見た目少なく感じますが、カード会社バレするリスクも無いし、商品を自分で購入しても同じくらいかこの水準以下に落ち着きますので、クレジットカード現金化を行うのであれば業者利用の方が総合的にオススメです。

それでも自分で換金したいというなら

業者を利用してもそんなに変わらないという事はわかったけれども、それでも自分で換金したいという人は少なからずいると思います。

何せ、メリットが薄いという事はわかっているけれども、最初から最後まで自分の目で見る事ができるのでクリアであるし、手間暇かけた分達成感も感じるかもしれません。

そんな方の為に自分でクレジットカード現金化を行う方法を紹介しましょう。

商品選択を慎重に検討する

クレジットカード現金化を自分で行うのに際して、何が一番重要であるかというと商品の選択が最も重要です。

具体的に高価格で換金できるのは
・新幹線チケット
・商品券、金券類
・人気ゲーム機
・ブランドバック等

となります。

また、ちょっと高価かなと思って買ったは良いものの、思ったような価格で売れない事は多々あります。

更に最近ではクレジットカード会社の監視システム向上により、現金化目的かなと考えられそうな使用は即座に注意情報としてマークされます。

新幹線チケットの大量購入は良い例で、新幹線チケットは金券ショップで95%位で買い取ってはくれるものの頻繁に新幹線チケットを購入する人はクレジットカード会社にマークされやすく、最悪利用停止に陥ります。回数券も鉄道会社の方でクレジットカード使用が止められていますので、利用する事は出来ません。商品券や金券の類もクレジットカードを利用できる店舗は非常に少なくなっています。

残るはゲーム機やブランドバックになりますが、一度購入したものは未使用状態でも中古品扱いになりますので還元率は70?50%程度とあまりよくありません。また、この商品でも同じものを購入するとクレジットカード会社の監視システムに引っかかる可能性がありますので注意が必要となります。

クレジットカード会社の規約には、『現金化目的の使用は禁止』の旨と、『分割払い一括払い共に支払いが終わるまでは所有権はカード会社にある旨』の記述がなされてます。法律上は問題はありませんが、規約に違反した利用者はカード会社が断る事ができる権利がありますので、自分で現金化を行う→カード会社にバレる→利用停止になり、信用情報機関に通知されるという事は注意をしなければいけません。

その辺りを考えると自分で購入→売却を伴う自力の現金化よりも、キャッシュバック式の現金化業者にお願いすることのほうが有効と言えます。
キャッシュバックは法律上値引きに該当しますので、所有権云々の問題は発生しません。

換金に適した商品の検証

自力で換金したい人向けに換金に適した商品の検証をします。
基本的には換金に適している商品はクレジットカード会社のマークが厳しくなり、マークが緩そうな商品は売却が困難で安値でしか売れないといった構図が成立します。

下記の商品を参考に色々な仕組みを理解してから換金化に臨むと良いでしょう。

・新幹線の回数券
元祖クレジットカード現金化といえば新幹線の回数券と言われるほど有名な手法になります。某金融漫画で書かれた手法なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

新幹線の回数券は東京→大阪間でしたら非常に人気が高く、金券ショップでも95%程度で売却が可能な非常に高換金商品になります。

ただし、この回数券購入は上述したようにクレジットカード会社が目を光らせている部分になります。

10万円程度の利用だから大丈夫かなという事はありませんし、何回までは許されると言ったこともあまり通じないでしょう。それ程クレジットカード会社は現金化の利用に関しては過敏になっています。

そもそも、新幹線の回数券は殆どの鉄道会社でクレジットカードの利用を断られる事が多くなっています。往復チケットならまだしも、回数券のクレジットカード決済対策をしていないカード会社は少ないので、クレジットカード決済は新幹線チケットで出来ませんので有名な手法ですが絵に描いた餅の様な状態です。

上手くカード決済できたとしても、現金化目的とカード会社に疑われればおしまいなので、この手法は現状使えないので諦めると良いでしょう。

・商品券、金券チケット
商品券や金券チケットもまた換金率の高い商品で90%以上の高換金率を誇っています。

ただし、換金率が良いという事は似たようなことを考える人が多いのでクレジットカード会社は対策を考えると言ったことになります。

商品券を購入するためには、通常ですとデパートで購入しますが、商品券の購入をクレジットカード決済が可能な会社は無いと言って過言ではありません。

上手くカード決済が行えても、その後のカード会社の監視システムにひっかかればカード停止の憂き目を追います。

新幹線チケットと同様、現在では使えない手法になっています。

・ゲーム機
ゲーム機は購入して未開封の状態ですとより高くゲームショップに買い取ってもらう事が可能です。プレイステーション4などのハード機種の方がソフトよりも単価が高く、80%位で買い取ってくれる事もザラにあります。

ただし、開発会社からのハードの値下げがタイミング悪く行われると非常に低い価格でなければ買い取ってもらえなかったり、同じ商品を何個も購入すると換金化目的であるとクレジットカード会社の監視システムに引っかかってしまったりしますので注意が必要です。

現金化に利用するときは、同じ商品を買う事は避けたほうが良いでしょう。甥っ子、姪っ子へのプレゼントと言い訳をしても、所有権は支払いが終わるまではカード会社にありますので、カード規約違反となり、最悪カードが停止されます。

・ブランド品
ブランド商品もまた現金化に適した商品とされています。特にブランドバッグは人気のものは換金率も高く、現金化に向いています。

ただし、ブランドにも流行り廃りがあり、エルメス、シャネル、ヴィトン等のブランドの流行りのほか、新作や旧作などの種類もあり、相場が逐次変わっているといった問題もあります。

男性ですと買取ショップに行ってもどのブランドが高く買い取ってもらえそうか判別が非常に難しいと思われますので相当な勉強が必要となります。

また、買い取ってもらえたとしても、相場の70%位が関の山ですので、苦労の割には換金率が芳しく無いかもしれません。

ゲーム機と同様、同じ商品の購入はカード会社の監視システムに引っかかる可能性があるので注意が必要となります。

買取ショップを探す

現金化をするためには重要なのは購入する商品の他にも、買い取ってくれるショップを見つける事も重要です。特に都会にお住いの人なら色々な買取業者を目にする機会が多いと思いますが、田舎の方ですと買取業者を見つけること自体が至難の技であったりします。
買取ショップが違うだけで、10%?20%以上違いますので、先ずは実際にショップを訪れて現在の相場を確認する事をお勧めします。

基本はそれ専門に買い取っている業者を訪れて売却する事です。ゲーム機でしたら中古ゲームショップの大手ショップ、金券類はチケットショップの大手、ブランド品であるならばブランド品買取の最大手のショップを狙いましょう。

間違っても質屋や近所にある小さなリサイクルショップに買い取ってもらうことは避けてください。思わぬ低換金率で買取を行われることがあります。

どの商品もパッとしないなと思った方

自分で行う現金化はどれを考えても難しそうで、パッとしないなと思われたかもしれません。

結論的にはどれだけ努力して自分で行うよりもクレジットカード現金化業者を利用することが一番簡単で、最終的にはお得になると言えます。

昔のように新幹線の回数券チケットをクレジットカードで大量購入できれば現金化は容易かったのですが、現在はその手法はカード会社の監視システムに引っかかりますので難しいと言えます。

金券ショップの類も現在ではカード会社側で決済を制限されています。

残るはゲーム機やゲームソフト、ブランド品の受給を読みつつ購入、売却していく手法ですが、此処もカード会社のマークは厳しく、更に苦労して相場を勉強して売却したのは良いものの、換金率は50%位になってしまったということはザラにあります。

労力、速度、リスクの3点で考えたところ、クレジットカード現金化業者に頼む事が一番無難な方法かもしれません。

換金率が高い商品=リスクが高い

クレジットカード現金化を行う時に意識しなければいけないのは換金率が高い商品ほどクレジットカード会社のマークが厳しく、クレジットカード現金化がバレるリスクが高まるという事です。

先に挙げた新幹線の回数券は最も有名な例で、現在では殆どのカード会社で回数券チケットのクレジットカード決済は行えないように制限されています。

ゲーム機やプランド品も何品も同じ商品を購入する事は可笑しいと思い、現金化目的では無いかとの確認の電話がかかってきたり、最悪即クレジットカードの停止に直結します。

換金率の高い商品を購入して売却しようという考え方は、同じ事を考える人が多数いますのでクレジットカード会社のマークが厳しくなっています。

クレジットカード会社の監視システムは常に進化しており、
・切符や金券の類などの換金化されやすい商品を購入した場合、注意情報としてその決済がピックアップされる
・ゲーム機等の同じ商品を購入する(店舗をわけても、月日を跨いでも最近の監視システムは優秀ですので誤魔化せない)と引っかかる可能性がある
・普段あまり使っていないカードで急に大きな決済を行うと、引っかかる場合がある

といった具合に事細かく怪しいと思われる取引をピックアップしていくとされています。勿論、カード会社によって、監視システムが厳しいところや緩いところがありますが、どの様なシステムになっているかは外部の人間には把握しようがありませんので監視システムに引っかからない様な商品を購入せざるをえなくなります。

結果的に安全性を求めるなら換金率が低い商品しか選択肢が無くなっていくのです。

安全性と換金率を求めるならクレジットカード現金化の業者を選択

自分で行った方がクレジットカード会社に把握されにくいと思っているなら、それは大きな誤りです。
クレジットカード現金化業者を通した方が遥かにバレにくいのです。
クレジットカード現金化業者を通すと如何しても換金率は70%?85%位になってしまい、金券ショップの買取価格表を知っていると見劣りしてしまいますが手間やリスクを考えれば圧倒的にクレジットカード現金化業者を利用したほうが良いのです。
何故クレジットカード現金化業者を通すと安全になるのか、カラクリについて解説します。

決済代行会社の存在

何故クレジットカード現金化業者を通すとバレにくくなるのか、そこには決済代行会社の存在があります。

クレジットカード決済を行うには通常クレジットカード会社に加盟店登録する必要がありますが、小さな店舗では加盟店として登録してくれませんので、決済代行会社が加盟店登録し、小さな店舗が決済代行会社に依頼するといった形式をとっています。

つまり、カード会社の下に決済代行会社が存在し、その下にクレジットカード現金化業者や一般の小さなショップがぶら下がっているのです。

決済代行会社から通された注文はクレジットカード現金化業者だけでなく、小さなショップの決済も混ぜこぜになっていますので、カード会社から見るとその注文が現金化目的の取引なのか把握されにくい事になる訳です。

決済代行会社もキチンと把握できない

クレジットカード現金化業者が決済代行会社を利用している事は決済代行会社からみると不利益になり、積極的に加担していれば加盟店登録の停止など処分される可能性がありますが、決済代行会社もクレジットカード現金化業者を半分は黙認、半分は実態が把握できず不明という認識で付き合っています。
何故決済代行会社も把握できないかというと、クレジットカード現金化業者側で普通の商品を販売していたり、普通の商品の決済も行っていますので、決済代行会社と合わせて二重の煙幕が発生しているからです。
こうなってしまうとクレジットカード会社が現金化目的である事を確認する術はありません。

総括するとクレジットカード現金化業者に頼む事が賢い

クレジットカード現金化をする際、自力で行うとリスクを認識した上で金券や換金しやすい商品を狙い、50%?90%位の割合で換金できるかできないかです。
クレジットカード現金化業者を使えば、決済代行会社と合わせて二重の煙幕が張られていますので、リスクはほぼなく、換金率は70%?85%と言った割合になります。

クレジットカード現金化業者は一般的にリピーターになればなる程換金率が良化する業者が多いので、安全性と今後の換金率を考えればクレジットカード現金化業者を利用したほうが賢い方法と言えるでしょう。

他にもある自分で現金化する方法

実はまだクレジットカード現金化を行う方法があります。それは商品を購入して、売却をするのではなく購入した商品を返品する方法です。
例えばクレジットカードでブランドバッグを購入して翌日、返品したとします。

翌日ですと既にクレジットカード会社への決済通知が済んでいる場合は取り消しが困難ですので、その場合ショップから現金が支払われる事になります。
欠点はショップによって対応が異なる点です。クレジットカード会社の決済通知が完了しても、後で振込で処理を行う事も可能の為、返品処理で現金化しようと思ってもアテが外れる事があります。

また、この手法もショップに訝しげに思われますので何度も利用しにくいと言えます。

電子マネーをクレジットカードで購入して現金化

電子マネーとはスイカやクイックペイなどコンビニや駅でチャージしていた電子マネー分で支払えるサービスです。

ポイントになってしまうと一般的には現金にはなりませんが、実は此処にも現金化へのカラクリがあります。
電子マネーはプリペイド式とポイントペイ式の二つの方式があります。

・ポイントペイ式とは
使ったポイントが後払いで決済される方式。クイックペイなどが有名

・プリペイド式とは
チャージするなど事前にポイントを購入して決済を行う仕組み。Edy、スイカが一番主流

ここで注目すべきはプリペイド式になります。プリペイド式は先にお金を支払うのですが、使わなかった分は原則現金には出来ません。

一部のポイントサービスだけは一部例外があり、スイカだけはチャージした後、色々な申告を行う事により現金での変換が可能なのです。

スイカを使っている方は、スイカはクレジットカードでポイントチャージ出来ませんので、このままじゃ意味無いじゃないかと思われるかもしれません。
しかしながら、電子マネーは奥が深いので電子マネーを利用して現金を手にできる方法がまだありますので紹介します。

電子マネーポイントを手にして現金を手にする

クレジットカードのポイントは色々な事でもらえます。日々のクレジットカード決済や光熱費の決済でも貰えますし、クレジットカードを作っても貰えます。
これらのポイントは電子マネーに変えたりする事も可能です。

クレジットカードのポイントを使ってアマゾンや楽天で転売可能な商品を購入した上で売却を行えば商品分を現金化する事が可能です。

ただし、この手法では直ぐに資金を得るという事は仕組み上難しいと思われます。

しかしながら、クレジットカードを使うだけで無為に消滅していっていたポイントや電子マネーが商品に変わり、現金には変わる事はかなり意味のある経済効果をもたらします。

クレジットカードで電子マネーを購入→現金化の技

電子マネーはクレジットカードで購入できない事が一般的ですが、一部カードや電子マネーサービスでは例外があります。
クレジットカードを使って電子マネーをチャージして現金化する手段について紹介します。

1. 電子マネーのチャージ時、クレジットカードを使用する
2. 電子マネーで買い物をする
3. その後返品をする

クレジットカードで商品を購入してその後、返品をする場合とどう違うんだと思われたかもしれません。

実は電子マネーで購入した商品はお店側で取り消しを行い電子マネーポイントを元に戻す事は出来ないのです。

実際にお店にお願いした場合、やってできない事はないかもしれませんが運営元に連絡してその手法を習い、本部との手続きなどが途方もない手間と時間がかかるとされています。

それなら現金で返還したほうがいいと大半のショップが思いますので、現金で変換される手筈になります。

返金処理ですので還元率は夢の100%ですが、この手法にも問題が残されています。

大半のショップでは煩わしい取り消し処理を嫌がり、現金で返金をするのですが、一部のショップでは現金の返金を本部の指示で禁じているマニュアルになっており、時間がかかっても電子マネーを戻す処置を行う事があります。

更に返品を行いますのでどうしても店員に面倒くさいという目を向けられますので、何度も行う事は心が強くないと中々出来ません。

加えて電子マネーには上限が大体2万円と決められている事も多く、高額な商品の返品で一気に現金を得る事が難しいと言った難点もあります。

買取専門の電子マネー業者を利用する

実はあまり知られていないのですが、電子マネーにも買取業者は存在しています。

ただし、この業者は最近になって登場してきたばかりの業者で、正確な実態等はわかっていません。

還元率はおよそ70%程度の様ですが、それなら最初からクレジットカード現金化業者を利用したほうが歴史がありますので、信用度合いも変わってくるでしょう。

現金化にアマゾンギフトを利用する

アマゾンギフトというのをご存知でしょうか?端的に言えば、アマゾンショップ限定で使える商品券みたいなもので、本来は贈答品としてよく利用されるものなのですが、このアマゾンギフトも実はうまく行えば現金化に利用する事ができます。

アマゾンギフトをどうやって手に入れる?

アマゾンギフト券はコンビニやアマゾンサイトのショップから購入する事ができ、額面は最大で25,000円となっています。

コンビニで購入する事は出来ますが、コンビニの決済はクレジットカードを使用する事ができません。

ここは多少面倒でも、アマゾンのショップに出店しているクレジットカード決済がオーケーのショップを探しましょう。

アマゾンギフトの種類にはEメールで送られてくるもの、自分で印刷するもの、番号券が送られてくるものの3つのタイプがあります。

アマゾンギフト券を買い取ってくれる業者

アマゾンギフト券は知る人ぞ知る買取業者が存在しています。

金券ショップによっても買い取ってくれますし、買取サイトやオークションなど売却を行えるツールは多数あります。

ただし、買取サイトは80%程の価格で買取を行ってくれますが、近年爆発的に増加してきた手法ですので悪質な買取業者が多数出回っているので注意が必要です。

買取サイトで実際にあった被害の一つに、現金を振り込む前にアマゾン番号を教える必要がある為、アマゾン番号を教えたら音沙汰がなくなるというトラブルです。

こういったトラブルに遭わない為に買取サイトでなく、オークションを使用するといった手段もありますが、オークションでもトラブルが起こる可能性はゼロではありませんし、思わぬ低い価格で落札されたり、上手く売れなかったりする危険性は無きにしも非ずですので利用する場合は充分に気をつけて行うようにして下さい。

アマゾン券ギフトの現金化デメリット

一見すると今一番流行りのアマゾン券ギフト現金化ですが、実はかなりのデメリットが存在しています。

業者によって買取が可能なギフト券に差があったり、転売すると使用が出来なくなるデメリットも存在します。

買取業者が玉石混淆で存在していますので優良買取業者を見つけるのも大変です。

さらに不味いのは、このアマゾンギフトの現金化、アマゾンギフトを購入していますので、クレジットカード会社の監視網に引っかかる可能性が極めて高いのです。

例えばアマゾンギフト券をクレジットカードで購入して、クレジットカード会社から現金化目的では無いかの探りの電話がかかったとします。ギフト券は手元にありますかと聞かれた場合、皆さんはどう答えるのでしょうか。

プレゼントとしてあげましたといった場合、アマゾンギフト券の所有権は決済が終わるまでクレジットカード会社にあり、処分をする事はクレジットカード規約に違反していると見えますので最悪カード停止を覚悟する必要があります。

クレジットカード現金化業者のように煙幕が張られていませんし、現在流行っている手法ですのでカード会社も当然この様な動きがある事は把握しており、早晩アマゾンギフトかクレジットカード会社から規制が入ると予測されます。

他にもiTunesカードを使う手法も

アマゾンギフト券から発送を飛躍して、他に現金化できそうなカード系のものは無いか考えてみましょう。
シンプルなのはiTunesカードです。iTunesカードは知る人ぞ知る、買取業者が存在しているのでアマゾンギフト券同様、クレジットカードの現金化に使う事ができます。

一時、LINEのiDを乗っ取り、iTunesカードを購入するのを手伝ってくれませんかといった詐欺が発生しましたが、実は詐欺業者はだまし取ったiTunesカードの番号を買取業者に売却していたのです。

この様な詐欺に利用された為、買取業者は買取に対しレシートを求める様になってきています。
GooglePlay、Web money、rakutenなどの電子マネーも同様に買い取る業者は存在していますが、買取に証明などが必要な場合がありますので利用する場合は気をつけて利用する様にして下さい。

クレジットカード現金化のまとめ

これまで色々な現金化の手法や実態を紹介してきました。ここまで読んで頂いた方は現金化の初心者は完全に卒業していると言えます。

現金化の基本はリスクと換金率の綱引きになっています。

リスクが少ない商品は換金率が悪くて使えない、換金率が高い商品はみんなが利用するので直ぐに規制が入るかカード会社の監視網に引っかかりカード停止にされる、イタチごっこの様になっています。

自分で行うクレジットカード現金化は様々な角度から検証を行うと、必ずどこかしら穴が出てきます。

それよりは多少コストを支払っても現金化業者を使って現金化を行うことの方が、現金化業者が使う決済代行業者といった煙幕が張られていますので安全で簡単です。

10万円を現金化する場合、自分で行って上手くいった場合と現金化業者を使った場合で比較しても、数千円位しか差はありません。

数千円のコストで現金化に対するリスクがなくなるのであれば、それは安い買い物と言えるのでは無いでしょうか。

また、安心して利用ができ、長く顧客の信頼を集めているクレジットカード現金化業者の特徴としてリピーター客を大事にする風潮があります。

リピーター客として何回か利用すれば、血眼になって千円でも高い現金化商品を探した換金率に近くでしょう、

自力で行うと商品を買ったり、売却したりと色々と手間と時間がかかるものですが、現金化業者にお願いすれば深夜であっても、大雪の日であっても、パチンコ屋から離れられない状態であっても現金が振り込まれるのを待つことが出来ます。

手間と時間とリスクの費用対効果を考えた上で、どの手法がいいのかよく考えてベストな選択をして下さい。

-クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

執筆者:

関連記事

クレジットカード現金化の危険な悪徳業者を見抜く方法まとめ

悪徳業者を避けて安全にクレジットカード現金化をするためには、会社のホームページを …

no image

クレジットカードの現金化って未成年でも大丈夫?

未成年の方のクレジットカード現金化はリスキーです。新しいゲームやパソコンを買うお …

電子マネーを現金化する方法について

電車やバス、コンビニや自動販売機などさまざまな場所で利用できるようになった電子マ …

no image

現金化は無職・専業主婦でも大丈夫ですか?

無職や専業主婦でもクレジットカード現金化はできます。実は、稼ぎを持たない人たちこ …

クレジットカード現金化が問題になっている理由とは?

クレジットカードの現金化は、自己破産手続きができなくなり、会員資格を剥奪されるリ …

サイト内check it!

カードでお金 違法性 トップ

優良クレジットカード現金化サイト一覧