クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化関連用語集

ブラックリストについて~ブラックリストの人は保証人になれる?

投稿日:2016年7月21日 更新日:

ブラックリストと言ってもお金を借りるのためのブラックリストと、口座開設のためのブラックリストとなど種類は数種類あります。ここで話をするブラックリストについては、一般的に皆さんが話をしている個人信用情報の、お金を借りる時のブラックリストについて話をします。「ブラックリスト=個人信用情報」と捉えている人がいますが、本当のブラックリストというものはこのようにはなっていません。
お金を借りる時に審査をされるのですが、個人信用情報の内容が悪いと、お金が借りられないというのは事実であり、そのため個人信用情報がブラックリストだということで言われているのでしょう。お金を借りられないという情報はどのような情報なのでしょうか、それは過去に延滞をしている人や、債務整理した人、審査の結果お金を借りられなかった人などの情報が登録されています。
その他にも細かく話をすると様々な情報が登録されていますが、延滞については日数延滞から、1ヶ月延滞、2ヶ月延、滞3ヶ月延滞など情報が細かに記録されています。3ヶ月延滞をすると、一般的に代位弁済処理がされることがありますが、この代位弁済処理がされるとやはり、個人信用情報に記録されます。
このように個人技信用情報は、借りたお金に対して責任を持って返済をしているのかなどの情報が記録されています。また個人信用情報に登録する企業は、銀行などの金融機関や、クレジット会社、あとは携帯電話会社などがあるでしょう。携帯電話は分割で購入する人が多いため、その場合は月々の電話料などのも個人信用情報に記録をされていますので覚えておくといいでしょう。

債務整理をしたらブラックリストになる?
債務整理をしたらどうなるのか話をしていきます。債務整理は借りたお金を約定通りに返済できず、困った挙句に法的に借金を整理するというものになります。したがってお金を貸した側から見ると、約束通りにお金が返ってきていないわけですから、個人信用情報に情報が登録されるのはごく自然なことでしょう。債務整理には3種類あって、任意整理、民事再生、自己破産とあります。
いずれも貸した側から見ると、利息が入ってこない、元金の一部部が回収されない、元金が全く回収されないなど著しく貸した時の約束を破られていることになりますので、個人信用情報に登録される事項となるでしょう。また自己破産が個人信用情報に登録されないとなると、再度の借り入れが可能になりますので、そのようなことを防ぐためにも、必ず個人信用情報には情報が登録されます。
自己破産とは破産宣告をした後にお金を借りることができなくなってます。この情報を共有するために、個人信用情報の情報が利用されています。同じく任意整理や、民事再生についても、個人信用情報に情報が登録され、お金を貸す企業にとって情報が共有されることになるでしょう。
個人信用情報にこのような情報が登録されてないとなれば、お金を貸す側がどこからそういう個人情報をえることができるのかという問題になります。通常は個人情報保護法があるため、他者から資産状況等を知りえることができません。したがって、お金を貸す側のリスクを減らすためにも、個人情報を通して登録されなければいけない情報となっています。

ブラックリストの人は保証人になれる?
次に保証人が個人信用情報に登録されるのか話をしていきます。保証人は、連帯保証人と単なる保証人があります。連帯保証人は借り入れをした人と、同様の債務を負うことになりますので、借り入れをした人がお金を払わなかったときに、連帯保証人が責任を持って支払いをしなければいけないことにます。したがって、連帯保証人となった借り入れが、返済されずに、債務不履行となった場合は間違いなく個人信用情報に登録がされることでしょう。
保証人についても、お金を借りた人自己破産などにより、借りたお金を全額返済できなかった場合には、保証人はその債務を引き継ぎをしなければいけません。そのときに、通常通り返済をすれば、個人信用情報に登録されることはないでしょう。
しかし保証人が債務を返済せずに引き継ぎした借り入れが、延滞になったり、完済できなかった場合は、やはり個人信用情報に登録されることでしょう。お金を直接借りていない保証人といえども、保証人になった貸付が万が一返済されなかった場合は、返済義務を負うことになりますので、その返済について約束を守らなかったことになりますので、個人信用情報に登録をされることになります。

過払い金を請求するとブラックリストに載る?
最後に過払い金請求をするとどうなるのか話をします。過払い金請求をすると個人信用情報に登録されるとなって、いましたが今では過払い金請求という情報が載るものの、ブラックリストとしては使用されない情報となっています。というのも過払い金請求が、ブラックリストとして登録されていることについて訴訟が起きたからです。その訴訟で過払い金請求は、当然の義務であり払わなくてよい利息を支払ったものについて、返還してもらうものであるためブラックリストになるのがおかしいという事になったからです。
しかし過払い金請求をした人がその後に延滞になたり、自己破産になったりする人が通常の人より1.5倍に上るということもあるため、個人信用情報に過払い金請求の情報がないと、借り入れ者の審査を有効にできないデメリットもあるため、個人信用情報には登録はされています。過払い金請求をしたからといって、必ずしもお金を借りられないわけではありませんが、しかし通常の審査よりも厳しくなるのは間違いはないでしょう。

-クレジットカード現金化関連用語集

執筆者:

関連記事

ショッピング枠とは~クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いについて

目次1 ショッピング枠について2 クレジットカードのショッピング枠とキャッシング …

no image

任意整理とは

目次1 任意整理について2 任意整理ってどんなことをするの?3 なんで任意整理で …

ブラックリストとは~ブラックリストの存在・登録される理由・確認方法について

目次1 ブラックリストについて2 どうしてブラックリストに登録されるの?理由は? …

自己破産とは

目次1 自己破産について2 自己破産は司法書士と弁護士のどっちが良いの?3 同時 …

闇金融とは~闇金融のシステム・ターゲット・見分け方について

目次1 闇金融について2 闇金融とはそもそもどんなシステム?そもそもメリットって …

サイト内check it!

カードでお金 違法性 トップ

優良クレジットカード現金化サイト一覧