クレジットカード現金化チェキフリでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化の注意する点まとめ

現金化が発覚するとどうなる?逮捕されるの?

更新日:

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠で物品を購入し、それをその場で買い取ってもらうことで現金を入手するという方法です。

クレジットカード現金化が発覚すると

一度購入したものの所有権はクレジットカードで物品を購入した人に移り、さらにそれを通常の売買契約で業者側に買い取ってもらうだけですので、違法性のある取引ではありません。

業者側でもきちんとした売買契約に関する書類を残すようにしていますから何かあってもちゃんとした対応をしてくれます。

しかし、クレジットカード現金化業者の中にはこうした手続きを全て飛ばして、店頭などでいきなりクレジットカード決済をしてそのまま現金を渡してくるところがあります。

これは物品の取引が一切発生していませんので、本来ショッピング用に用意されている枠でキャッシングをしたことになり、発覚した場合にはクレジットカードの停止処分だけでなく、信用情報機関に通告され、他のクレジットカードも召し上げになってしまう危険性が出てきます。

こうした事態を防ぐためにもクレジットカードの現金化に当たっては、きちんと物品の取引を伴う手続きをしてくれるきちんとした業者であることを確認する必要があります。
手続きをちゃんとしている業者であれば違法性は一切ありませんので、安心してクレジットカードのショッピング枠で現金を入手することが出来ます。

正当な手続きをしている業者を選ぶようにすればクレジットカード会社への発覚を恐れることはありません。

現金化で逮捕される事はない?

クレジットカード現金化というのは、違法ではないと言われていますが、グレーゾーンとなっていますので、利用したいと検討しながらも、逮捕されたりするのではないかと不安になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

クレジットカード現金化で逮捕される
クレジットカード現金化は、ショッピング枠で買い物をして、買い取ってもらうという形や、キャッシュバック方式という形の2種類に分ける事ができますが、どちらもとても簡単に取引する事ができあっという間なので、お金に困っているときはとても助かります。

最初は誰でも不安になるはずですが、利用できるショッピング枠を現金に換金してもらい、利用した分はしっかりとカード会社に支払いをしていけばいいのですから、あまり不安にならなくても大丈夫です。

この方法で利用したお客さんが逮捕されたり、事情聴取されたりというケースは聞いたことがありませんし、現金化の利用者の逮捕例は1件もありません。

実績のあるしっかりとした業者と取引するようにしていただければ問題ありません。

気をつけていただきたいのは、現金化目的での利用はクレジットカード会社の規約で禁止されているという点です。
ショッピング枠は、買い物をするために利用するものですから、現金を入手するために商品を買って売る・・という方法はクレジットカードの利用停止処分となることがあるので注意が必要です。

クレジットカード現金化は、買取方式かキャッシュバック方式かという部分で考えると、買取方式の場合は詐欺や横領となってしまう場合もあるので気をつけなければなりませんが、現金化した額をしっかりとカード会社に支払っているのであれば、利用者が逮捕されるということはありませんので、現金化をする時はきちんとクレジットカード会社に支払いをしましょう。

現金化の問題点とリスクについて

クレジットカード現金化は違法ではないのか?と疑問に思う方が多いようですが、仕組みとしては専門の業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、現金に換金するという感じになりますので、貸金業とは異なります。

リスクについて
消費者金融や闇金融と似たような感じではないかと心配する方もいらっしゃいますが、クレジットカード現金化は融資を行なっているわけではありませんので、高い利子がついたり取立てに追われるというような事はなく、ショッピング枠を現金に換金した後は、これまでと変わらずクレジットカード会社から利用した金額の請求がきますから、現金化しても支払先が増えるという事はありません。

業者が指定する商品をクレジットカードで購入して、業者に売るという流れですから、非常に簡単なのですが、悪質な業者がいるということも忘れてはいけません。
クレジットカード現金化をする上で注意しなければならないのは、クレジットカードの利用規約に違反するという事です。

クレジットカードのショッピング枠は、買い物をするという目的で使用するのが正しい使い方となっており、現金に換金するという目的での使用は利用規約違反となるのです。

クレジットカード会社は、換金目的だと思われる購入があると不正利用として判断し、カードの利用を停止する事があります。
特に換金性の高い、新幹線の乗車券や回数券、金券やブランド品などを大量に購入すると不正利用として検知されますので気をつけなければなりません。

では、バレなければ問題ないのか・・という事になりますが、クレジットカードで商品を購入し、サイズが合わない・気に入らない・思っていたものと違った・・などという場合には返品するという事もありますので、法律で取り締まる事ができないのです。

クレジットカード現金化のリスクとは。
体験談は参考程度に!

クレジットカード現金化をする上での問題点

・多重債務を助長する
・債務整理ができない
多重債務
ショッピング枠を現金に換金するのは簡単でも、支払いをする事ができなければ大きな問題となってしまいますから、支払いが困難にならないように利用限度を自分で調整する必要があります。

クレジットカード現金化をすることにより、多重債務となってしまえば、これからの生活にも支障が出てしまいますし、現金化したことがバレてしまうと債務整理をする事もできませんので、利用前にしっかりと検討するようにしましょう。

クレジットカードが利用停止になってしまうというリスクもあるため、クレジットカード現金化をする際は慎重に業者選びをしているというかたも多くなっています。

現金がなくて困っている場合は、クレジットカード会社に目をつけられてしまわないよう、安全に取引する事ができる優良業者を選び、資金調達をしましょう。

クレジットカード現金化が買取方式の業者であれば、古物商の認定を受け、古物営業法に基づいて買取を行なっていますが、キャッシュバック方式であれば、古物商の許可は必要はないのです。

買取方式の業者を利用する場合、業者のホームページに公安委員会の許可をもらっているという記載があれば、公安委員会のホームページで古物商の許可を受けている業者であるか確認してみましょう。

許可証番号や名称などの記載があれば、本当に許可を得ているという事になります。
しかし、許可を受けているから信用できるというわけではありませんので、取引をする際には注意が必要となります。

クレジットカード現金化での最大のリスクは、クレジットカードの利用停止措置です。
現金化撲滅のために、クレジットカード会社は目を光らせていますので、換金率の高い物を大量に購入したりするのは避けるようにしましょう。

-クレジットカード現金化の注意する点まとめ

Copyright© クレカを現金化する方法ならチェキフリ , 2017 All Rights Reserved.