クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました! 本当は教えたくないクレジットカードの現金化の裏ワザ&カラクリまとめ

クレジットカード現金化の危険な悪徳業者を見抜く方法まとめ

投稿日:2016年4月15日 更新日:

悪徳業者を避けて安全にクレジットカード現金化をするためには、会社のホームページをよく確認する必要があります。情報の記載が曖昧なサイトはリスクが高いため注意しましょう。
クレジットカード現金化のリスク
すぐにお金が得られることで便利なクレジットカード現金化ですが、悪徳業者も少なくありません。それらを見分けるポイントは、その会社のホームページにあります。

4つのポイントに従い業者サイトの記載をチェックしましょう

1)還元率

高ければ高いほどお得に換金できるようになる数値ですが、これが高すぎる場合はかえって危険です。現金化業者はユーザーからお金を得ることで成り立っており、またクレジットカードの決算手数料を負担しています。そのため、90%後半から100%をうたう場所は警戒する必要があるでしょう。

2)案内の記載内容

チラシやホームページに書かれた、お金に関する情報をよく確認しましょう。これが詳細でない業者は注意が必要です。例えば、還元率の高さをうたっておきながら、手数料や送料で大きく差し引くということは悪徳業者のよくある手口です。

3)会社情報

これはサイトに必ず記載しなければならないもの、それがない業者は非常に危険です。社名、代表者名は欠かさずチェックしましょう。また、中には架空の内容が書かれていることもあります。例えば住所については、Googleのストリートビューを使って実在しているかを調べることも重要になるでしょう。

業者の実績は信頼度をそのまま表しています。歴史が深いところは、それだけ多くのユーザーが利用してきたということになるでしょう。

4)ホームページの作り

あちこちに誤字や脱字がある、レイアウトが汚いなどの場合はサイト作成にほとんど予算をかけていないことになります。このような業者は業績が芳しくない、すぐに閉鎖させることを見越しているため、利用しない方が良いでしょう。同じ理由でパソコン、スマホサイトのどちらか片方しか存在しない場合も注意しましょう。

悪徳業者のホームページは何かと記載が曖昧な部分が多く、そこが見分けるポイントにもなります。口コミやレビューを参考にすることと同時に、自分の目でもよく確かめるようにしましょう。

-クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!, 本当は教えたくないクレジットカードの現金化の裏ワザ&カラクリまとめ

執筆者: