クレジットカード現金化チェキでは、クレジットカード現金化業者の評判や違法・危険性・意味についてまとめました。安心できる老舗現金化業者をランキングで比較!優良店のみ紹介で安全。即日・土日でもクレジットカードのショッピング枠を現金化できる業者を探せる。悪徳業者の手口や事例も!

クレジットカード現金化の注意する点まとめ クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

クレジットカード現金化が問題になっている理由とは?

投稿日:2016年4月15日 更新日:

クレジットカードの現金化は、自己破産手続きができなくなり、会員資格を剥奪されるリスクなどの問題があります。また、借金と考えると利息も高いため、利用の時は本当に必要かよく吟味しましょう。

すぐにお金を手に入れられることで便利なクレジットカード現金化。しかし、安心安全に利用するためには、さまざまな罠が潜んでいる可能性があることをしっかりと把握する必要があります。
すぐにお金を手に入れられる

自己破産手続きができなくなります

これは借金がどうしても払えなくなった時に、一定以上の価値がある財産を手放すことで全ての債務を免除してもらうものです。ただし、この手続きには免責不許可となる事由があります。そこに、パチンコや競馬バイナリーオプションといったギャンブルや浪費を原因とした借金の他、過去にクレジットカードを現金化した場合が含まれます。

自己破産手続きは債権者からの強制執行がなくなる、ある程度の財産を手元に残せる、保証人になっていない限りは家族に影響が出ないなどのメリットがあります。クレジットカード現金化はこれができなくなるリスクがあるため、本当に経済的に苦しい時は慎重に判断する必要があるでしょう。

消費者金融と比べて利息が圧倒的に高い

ショッピング枠を使って商品を購入し、後で買い戻しやキャッシュバックを行ってもらうクレジットカード現金化。後にカード会社から請求が来るため、一種の借金をしているとも考えられます。

出資法では、年利の上限が約30%ほどと定められています。しかし、クレジットカードを現金化した時の支払いと受け取りの金額を計算すると、実質100%を超えてしまうことも少なくありません。

個人がお金を借り入れする場合、消費者金融を利用することが一般的です。年利が低く、後で割高な支払いをすることがなくなります。「審査に通らない」「今すぐにお金が欲しい」という方でなければ、現金化を利用しない方がお得かもしれません。

カード会社からは不認可

換金目的の利用はタブー
ほとんどの場合、会員規約の中で換金目的の利用はタブーと記されています。本来、ショッピング枠は商品代金の支払いをするためのものだからです。現金化をした場合、利用停止または会員資格の剥奪となるリスクがあります。

クレジットカードの現金化は自己破産手続きができなくなる、会員資格を失うなどのリスクがあります。本当に必要かどうかをよく吟味してから利用するようにしましょう。

-クレジットカード現金化の注意する点まとめ, クレジットカード現金化知恵袋@現金化の役立つ情報&知識まとめました!

執筆者: